有限会社 バスメイト

PROSHOP.BASS MATE

営業日カレンダー

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
定休日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

営業時間:12:00〜21:00
日曜・祝日12:00〜20:00
定休日:月曜日
(月曜は、祝日の場合も休業に変更になりました)

トップ > ロッド > エバーグリーン/ポセイドン (2018) スロージャーカーPSLJ 603-5

エバーグリーン/ポセイドン (2018) スロージャーカーPSLJ 603-5

全長 1.91m、継数 1 、標準自重 133g 、パワー5 
ルアー範囲 1200〜250g(5oz) ライン範囲 PE2.5号

例えば、「ハイピッチ・ショートジャーク(スパイラルジャーク)」にも言えますが、ジグの初速を可能な限り速め、立ち上りからジグを水平に回転させることが効果を生みます。
ただしこの場合、リールの一回転のリトリーブが90cm前後となってしまい、上下の動きに弱い魚たちは瞬間的に下から上に移動してしまうジグに反応しきれず、ついていけない場合があります。
このケースは、特にサイズが大きくなりスレた魚に多く見受けられます。
そこで、1秒間に1回というスローなテンポで、ひとシャクリでハンドル1/3回転、1/4回転という20〜30cmのリトリーブでもジグを真横に向けることができるロッドが必要になりました。
しかし、従来の発想のロッドでリールをゆっくりリトリーブすると、ジグがオモリと化してしまい、スピードの変化も出せず、ジグも動きませんでした。
なんとしてもスローテンポのショートリトリーブでジグを横にできるロッドが…素早い初動と明確な静止が得られ、ジグのスピードを自在に変化させられるロッドを追求した結果、ポセイドンシリーズ最長の開発期間、最多の試作数を経て理想のスロージャークロッドの完成に到りました。
しかも、これほどまでに細身・軽量・高感度でありながら、従来の常識を覆すほどの破断強度を示したことは、正直なところ予想外の驚きであり、喜びでした。
短い移動距離で確実にジグを操り、今まで口を使わなかった魚に新たなアプローチ。「ポセイドン・スロージャーカー」シリーズ。
ジグを操る悦びを感じてください。

中深海を繊細に、綿密に攻略するため、シリーズの中でも最も感度重視に仕上げられたスロージャーカー603-5モデル。4ozモデルと6ozモデルの間を埋め、水深200〜300mの中深海の釣りに最高のポテンシャルを発揮します。

※こちらの商品は寸法が大きいため、通常の宅配便の料金にさらに2,160円〜2,700円が加算されます。
(加算金額は地域により異なります)
2万円以上お買い上げの場合、基本料金(通常サイズ宅配便部分)はサービスとなりますが、加算料金部分はご購入金額に関わらずかかります。
また通常宅配便に比べ、お届けまでに1〜3日ほど多くかかる場合がございます。
エバーグリーン/ポセイドン (2018) スロージャーカーPSLJ 603-5 エバーグリーン/ポセイドン (2018) スロージャーカーPSLJ 603-5
エバーグリーン/ポセイドン (2018) スロージャーカーPSLJ 603-5 エバーグリーン/ポセイドン (2018) スロージャーカーPSLJ 603-5
拡大画像

エバーグリーン/ポセイドン (2018) スロージャーカーPSLJ 603-5

商品コード : ro02085
メーカー希望小売価格 : 59,400
価格 : 53,460円(税込)
ポイント : 1,069
数量    売り切れ
 

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ガイドシステム
バット〜ベリー部はLRVガイド、ティップ部はKTガイド、トップはMNガイドを採用。ガイドへの糸絡みを大きく低減するセッティング。フレームは高強度かつ軽量なチタン製、リングは高信頼性を誇るSiC-Sを採用(トップのみSi


スレッドデザイン
スロージャーカーシリーズはロッドを持ち替えても使用感に差が出ないように、あえて長さを揃えています。
見た目に分りやすいようにポセイドンロゴ部分の飾り巻きをPSLJ 603-5はゴールドのスレッドをあしらっています。


完全ブランクスルー構造
スロージャーカーシリーズは完全ブランクスルー構造を採用することにより、トップからリアグリップのエンドまで文字通り継ぎ目無しで設計されています。
類まれな伝達性能はもとより、ショートタイプのロッドであっても無駄なく、全体を使ったやり取りが可能になりました。
これによって、圧倒的な軽さを誇る細身のブランクスでありながら、予想外の大物にもしなやかに、しかもパワフルに反応、驚異的なフレキシビリティを発揮します。


オリジナルアーバー
ブランクスとリールシートの隙間を埋めるスペーサー材にエバーグリーンオリジナルアーバーを採用。
超軽量、超高感度素材で底質や潮の変化、魚の気配に至るまで「感じ取る」性能が大幅に向上。
 

リールシートデザイン
佐藤統洋のこだわりFuji T-DPS22。
太めのリールシートで、ムダな力をかけることなく手のひらに乗せるだけでシャクることができるため、ブランクスから伝わるシグナルをロスなく感じ取ることができます。


グリップデザイン
超高感度、そしてロッドの全長をフルに生かしたファイトが可能な完全ブランクスルーを採用。
さらにセパレートグリップ採用で軽量化はもとより、ブランクスの応力分布に干渉するような余分な補強やEVAを極力省くことにより、ブランクスルーの性能を最大限に引き出します。
グリップエンドには衣服にまとわりつかず、脇に挟んだり、体に当てた時にフィットするEVAエンドパーツを採用。

ボナンザコーティング
ブランクスをボナンザでコーティングすることにより水・汚れを寄せつけず、細かな傷をシャットアウト。
ラインのカラミつきを防ぎ、ロッドの操作性が格段に向上。